梅ジャム2023 -Home made Japanese apricot jam 2023-

世田谷等々力鈴木農園さんから、落下したばかりの完熟梅をいただいたので、さっそく梅ジャムを作りました。
昨年梅ジャムを作ったのは、6/18だったので、梅が完熟したのが1週間早まっていることになります。

そして、昨年たくさんの実を着けてくれた梅の木は、今年は実の数が少なかったそうです。

隔年結果?

果実をたくさんつけると枝葉や根への養分供給量が少なくなり、果樹によっては翌年の収量がいちじるしく落ちてしまう状態を「隔年結果」といいます。

鈴木農園さんの梅の木も隔年結果なのでしょうか。
果樹を実らせる木には、隔年結果により「表年」と「裏年」があるようで、今年は裏年だったのかもしれません。
表年の果実は、小玉になる傾向があるようで。
専業の農家さんでは、大量の実が着く年には梅の玉を大きくするため、また翌年のために摘果をして調整することもあるそうです。

2023年2月 鈴木農園さんの梅が咲いた
こちらは2022年の梅。大き目の実がたくさん成った。

さて、せっかく実ってくれた梅です。
今年は、甘味をを黒砂糖とハチミツにして素朴な味に仕上げました。

梅ジャム2023

梅ジャムの作り方


オーソドックスな梅ジャムの作り方を紹介しています。
梅干しにするには心配な、少々傷のある梅でもジャムにすることができますので、参考にしてみてください。

梅仕事に関連する記事やレシピ

「プロに聞く梅干しづくり」など、梅干しの作り方など詳しく紹介しています。

山口かをる(畑料理研究家)

山口かをる(畑料理研究家)スパイシーなお料理はおまかせください

記事一覧

お酒に合うお料理、スパイスやハーブを使ったお料理が大好きです。

関連記事

最近の記事

  1. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  2. 【夏秋野菜物語】レタス A story of summer/autumn vegetables: lettuce

  3. 第25回五泉応援団総会に参加しました!Joined the 25th Gosencity Support Brigade General Meeting!

記事一覧