「ひょうたん」と「かんぴょう」

畑の夏は日陰がないので、一休みするお休みどころが欲しいということで、世田谷等々力鈴木農園のおかみさんと5代目がひょうたん棚をつくりました。

生命力にあふれた「ひょうたん」

つる性の「ひょうたん」はとても強く、支柱を伝ってどんどん伸びていきます。支柱がなくなると地面を這ってさらに広がります。

花言葉は、幸福、平和、繁栄、利得、夢…。だそうで、どんどん増えていく生命力の強さや、末広がりのような丸い形が、縁起良いとされてきたのだと想像できます。

緑の「ひょうたん」には産毛が生えていて、見た目もかわいく、手触りもいい感じ。

「ひょうたん」のルーツは意外に古く、縄文時代にはすでに日本で栽培されていたようです。

原産国は、アフリカと言われています。どのような長い旅をして日本までやってきたのでしょうね。

「ひょうたん」は、食用にはならない。

「ひょうたん」は、ウリ科の夕顔の一種で、食用にされる「かんぴょう」とは仲間ですが、「ひょうたん」は『ククルビタシン』という苦味成分を含んでいて美味しくない上に、食中毒を起こすこともあるので、食用にはしないとのこと。

間違えないように気を付けましょう。

実はわたしも、「かんぴょう」は太った「ひょうたん」だと勘違いをしていました。

こちらが「かんぴょう」のもとの「ユウガオ」です。

「かんぴょう」は外の皮部分を干して食用にします。

くびれがないので、皮をぐるぐると剥きやすそうですね。

ちなみに実の部分も食べられ、スープにすると美味しいそうです。

写真は、岩手県の室根道の駅で。気仙沼在住の友人からお借りしました。

さて、「かんぴょう」といえば、お寿司。

江戸前の通は最後に「かんぴょう」を頼んだとか。

子供のころはあまり美味しく感じなかったですが、丁寧に甘辛く煮付けたかんぴょうは今は大人の味で美味しいと感じます。

実は栄養価が高い「かんぴょう」

かんぴょうは、食物繊維、カルシウムやカリウムを豊富に含んでいます。

特に、カルシウムはマグネシウムといっしょに、2:1のバランスで摂ると効率よく吸収されると言われていますが、かんぴょうのカルシウムとマグネシウムは、ほぼ2:1の比率で含まれています。

もどしたかんぴょうの食物繊維は、生のトマトの約6倍。

カルシウムは、骨や歯をつくる大事な成分として知られています。不足すると骨粗鬆症になる恐れがあるほか、イライラしやすくなる原因にもなるようです。(成人の大人に必要なカルシウムは、600㎎。かんぴょう100g中に含まれるカルシウムは、250㎎です)七訂日本食品標準成分表より

「ひょうたん」の用途

お話を「ひょうたん」に戻します。

「ひょうたん」は、昔は中をくり抜いて水筒や酒の貯蔵として利用されていました。

「ひょうたん」の外側に開いているごく小さな穴から水蒸気が漏れることで気化熱が奪われ、中身が低温に保たれます。

もしかしたら、表面に生えている産毛が関係していたのかもしれません。

湿気を取る性質があるようで、それが七味唐辛子を乾燥を保ちながら保存しておくのにも適していたのですね。

また、形にはっきりとしたくびれがあるものは、中身が少しずつでてくるので容器として使い勝手がよかったのでしょう。

実際のひょうたんは、写真のようにはっきりくびれがあるのもあれば、そうでもないのもあります。

飾り物や照明に加工して様ざまな形を楽しむのもすてきですね。

世田谷等々力鈴木農園では、加工用に買い求める方がいらっしゃるので、ひょうたん棚は、初夏から秋の定番となりそうです。

山口かをる(畑料理研究家)

山口かをる(畑料理研究家)スパイシーなお料理はおまかせください

記事一覧

お酒に合うお料理、スパイスやハーブを使ったお料理が大好きです。

関連記事