夏のレシピ

【シェフ直伝】焼きなすとトマトのイタリアンサラダ (ナス大量消費)

イタリアンのシェフ直伝の本格的なサラダです。なすプロのひと手間でレストランのお味になります。
このサラダを習ってから、ドレッシングはこの方法で作っています。

材料(2人分)

材料
分量
ナス
2本
プチトマトまたはフルーツトマト
3個
グリーンリーフ、レタスなど
1/2個
ベビーリーフ
1/2パック
オリーブオイル
60cc
白ワインビネガー
大さじ1
レモン汁
大さじ1
オレガノ(乾燥)
少々
パルメザンチーズパウダー
小さじ1
塩、黒胡椒
少々
パセリまたはイタリアンパセリ(あれば)
少々(飾り用)

作り方

  1. プチトマトは半分に、なすは半分だけ縞々になるように皮をむいてから5ミリ幅の輪切りにする。
  2. 切ったなすは水にさらした後、キッチンペーパーを引いたバット等に広げて、良く水分を拭きとって軽く塩をふっておく。
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れてなすを両面きつね色になるまで焼く。
  4. グリーンリーフ、ベビーリーフなどの葉物を水でよく洗った後、氷と水を入れたボウルに10分程度つけておき、その後水気を良く切って冷蔵庫に入れておく。
  5. ドレッシングを作る。大き目のボウルに残りのオリーブオイルを入れ、白ワインビネガー、レモン汁、塩を入れて良く混ぜあわせる。
  6. 5に焼いたなす、トマトを入れてマリネし粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  7. 20分程度たったら4と6を冷蔵庫から取り出して、パルメザンチーズを加えてざっくり混ぜ合わせる。
  8. 器に盛り付け、イタリアンパセリをのせてブラックペーパーを振ったら出来上がり。

ポイント

  • 葉もの野菜は、自家製の採れたてのものがあれば好きなものを入れてくださいね。今回は畑で間引いた小さな野菜たちも入れています。
  • 写真にネギ坊主が映り込んでいますが、ピーマンやパプリカ、ズッキーニなどもグリルして入れると美味しくなります。いろいろなアレンジを楽しんでみてください。
  • ナスは、ひとり1本軽く食べられます。ナスとトマトは多めに作ってマリネにしておくと便利ですよ。

【夏野菜物語】ナス

管理栄養士MINORIが、ナスの歴史や種類、栄養成分、保存法を紹介しています。

野菜を食べようプロジェクト_Kuwatoteキッチン

お得な豆知識を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【春野菜物語】ブロッコリー broccoli

  2. 食べる育毛 毛髪診断士おすすめ夏が旬の育毛食材

  3. パクチーを種から育ててみた(種まき〜2週間) From Seed to Sprout: My Journey Growing Cilantro

  4. いつもの食事に取り入れたい【エディブルフラワー】

  5. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  1. 【春野菜物語】ブロッコリー broccoli

  2. 梅仕事2023 みなべの南高梅で梅干しをつくる

  3. 【冬・春野菜物語】ネギ A story of winter/spring vegetables: green onions

  4. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣

  5. 【食べる育毛】髪の成長を助ける春の最旬食材5選とオススメレシピ