ヘルス&ダイエット

【自家製・簡単】切干し大根とツナのサラダ

保存用に自分で作った切干し大根をツナを入れた簡単サラダにしてみました。
切干し大根を水で戻して、混ぜるだけのサラダですが、食感が良く食べ応えがあって、お腹も満足。
切干し大根は、栄養価が高くカロリーが低いので、ぜひ食卓に取り入れてみてください。

 

材料

材料
分量
切干し大根
一つまみ(写真の量:1~2人分)
ツナ(オイル付け)
60g
ポン酢
適量(回しかけて味を調整)
胡桃、胡麻
適量

作り方

1

切干し大根を一つまみ取り、ザルでよく洗ってから、水(ぬるま湯だと早く戻ります)に大根が軟らかくなるまで10~15分程度浸けておく。

2

切干し大根を食べてみて柔らかくなったら、軽く絞りすべての材料を合わせて、上から胡麻を振って出来上がり。

ポイント

  • 今回、ツナは米油を使用したものを使いました。最近は缶詰でなくパウチのものもあるので、後片付けも楽です。オイル漬けを使わない場合には、オリーブオイルを適量入れてください。
  • 切干し大根、ツナ、胡桃は災害時などの時の保存食として使えるので、常備しておくと便利です。
  • 戻した汁は、お味噌汁の出汁などに使えますので利用しましょう!

食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)