おやじの毎日ごはん

カリフラワーとツナのサラダ【エディブルフラワー乗せ】Delicious and Nutritious: Edible Flower-Topped Cauliflower and Tuna Salad”

調理時間
15分

材料(作りやすい量)

材料
分量
カリフワラー
1株
ツナ缶
1缶
マヨネーズ
大さじ2
塩、胡椒、しょう油
適量
エディブルフラワー、ミニトマト、ラディッシュ、グリーンリーフ、マッシュルームなど
ありものでOK。色とりどりの野菜が入ると、見た目も気分も上がります。

作り方

1

カリフワラーを塩水に浸して良く洗い、食べやすい大きさに茎の方から切り分ける。茎も皮の硬い部分があれば剥いて中身を薄く切っておく。

2

カリフラワーを耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)に入れて3分加熱する。1度取り出して硬さを見て、必要に応じて1分づつ再加熱する。

3

ボウルにツナ(オイルごと)、マヨネーズ、調味料、カリフラワーを入れて混ぜ、グリーンの葉を敷いた器にミニトマト、マッシュルーム、エディブルフラワーと共に盛り付ける。

ポイント

「ツナのオイルを捨てるか捨てないか問題」について

ツナ缶や袋入りのツナは、少し高くても良質のオイル漬けのものを選んでいます。
理由は、オイルにツナのうま味が含まれているのと、水道にオイルを捨てるのが忍びないからです。
オイルは炒め物に使っても美味しいですよ。
ちなみに、自分はにんじんシリシリを作る時にはこのオイルで炒めます。ツナと細く切ったにんじんをツナのオイルで炒めて、最後に塩、しょう油を少し垂らすだけの簡単料理です。こちらも手軽で栄養たっぷり、美味しい一品です。

カリフラワーをブロッコリーに変えても美味しい。
ツナと和えるだけの簡単な一品。朝食やお弁当のおかずに!

ブロッコリーは、カリフワラーと同じ仲間ですがほぼオールシーズン手軽に入りますね。
さっと混ぜるだけで美味しくいただけるので、いろいろアレンジを楽しんでみてください。

いつもの食事に取り入れたいエディブルフラワーに関する記事はこちら

お得な豆知識を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. パクチーを種から育ててみた(種まき〜2週間) From Seed to Sprout: My Journey Growing Cilantro (Planting to 2 Weeks)

  2. いつもの食事に取り入れたい【エディブルフラワー】Add a Touch of Elegance to Your Everyday Meals with Edible Flowers              

  3. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  1. 梅仕事2023 みなべの南高梅で梅干しをつくる

  2. 【冬・春野菜物語】ネギ A story of winter/spring vegetables: green onions

  3. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣 -Tips from the expert- homemade salted ume plum