おつまみ

【栄養丸ごと】焼き枝豆・蒸し枝豆

調理時間 10分
毎日食べられる夏のおつまみ「枝豆」
費用目安 200円~400円
各地の枝豆の味くらべも楽しい

夏のおつまみといえば、枝豆。

最近では6月から9月まで、各地の様々な種類の枝豆が出回っています。

改良が進んでどれも美味しい品種に育っているので、食べ比べも楽しめそう。

ここでは、簡単に枝豆の栄養をMAXいただける「焼き枝豆」と「蒸し枝豆」をご紹介します。

焼き枝豆のつくりかた

材料 枝豆、塩
分量 枝豆:一袋 塩:少々

手順一覧

1

①枝豆は洗って塩をして、5分以上おく。

2

②魚焼きグリルにアルミ箔を引いて枝豆を並べる。アルミ箔は、クシャっとさせておくと、焦げ目がこびりつかない。
 6分程度焼く。上火だけの場合は、アルミ箔で蒸し焼きのように包んでおくと火の通りが良くなる。

3

③火を止めて出来上がり。余熱でも豆が柔らかくなるので、少し固めでもOK。お好みで調節してみてください。

ポイント

蒸し枝豆は、洗って塩を揉みこんだ枝豆を、蒸し器に入れて2分程度蒸すだけ。

せいろでなくても、深めのフライパンに水を入れ、台となるものを置いてその上にざるを乗せて代用することもできます。