冬のレシピ

【サクッと仕上げる】春菊の天ぷら風揚げ焼き|A tempura-style garland chrysanthemum without deep-frying

シュンギクは鍋での定番ですが、油で処理するとえぐ味や苦味がほとんどなく美味しいです。今回は天ぷらよりも3割ほど油の吸収がおさえられる揚げ焼きをご紹介します。とはいえ、エネルギーはお浸しの10倍以上になるので、美味しくても食べ過ぎにはご注意を。

材料(3人分)

材料
分量
春菊
1/2束
天ぷら粉
大さじ3
冷水
大さじ3
サラダ油
大さじ3

手順一覧

1

春菊は洗って根元(茎の下の方)を少し切り落とします。上の葉の部分と下の茎部分に分けます。

2

茎部分は2cmの長さで斜めに切り、葉の部分は4cm程度に切りそろえます。

3

天ぷら粉に冷水を入れてさっと混ぜ、そこに切った春菊を入れます。

4

フライパンに油を入れて熱し、天ぷら粉をまとわせた春菊を一口大にまとめて油に入れます。

5

少し焼いたら裏返し、焼き目がついたら取り上げ、油を切って完成です。

ポイント

・少量を手軽に作るために天ぷら粉を使いましたが、衣はお好みに合わせてアレンジ可能です。天ぷら粉は使わずに、小麦粉+卵+冷水で作っていただいてもよいです。また、小麦粉+片栗粉+水で作ると、カリッとした仕上がりになります。粉、卵、水の割合を変えると食感が変わります。

・小さいフライパンで揚げ焼きする場合、一度にたくさん入れない方がよいでしょう。

・食べるときの味付けは天つゆ以外にも、塩コショウやハーブやスパイスのソルト、レモンなどもおすすめです。

・春菊に桜エビや舞茸などを加えて焼いてもよいでしょう。

エネルギー 108 kcal/ たんぱく質 1.6 g/ 脂質 8.2 g

炭水化物 8.1 g/ 食物繊維総量  1.3 g/ 食塩相当量  0.1 g

※炭水化物は食物繊維を含んだ数値です。

味を付けていない状態のデータです。濃い口しょうゆ小さじ1/3を使った場合、塩分は0.9g追加となります。

お得な豆知識を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. パクチーを種から育ててみた(種まき〜2週間) From Seed to Sprout: My Journey Growing Cilantro (Planting to 2 Weeks)

  2. いつもの食事に取り入れたい【エディブルフラワー】Add a Touch of Elegance to Your Everyday Meals with Edible Flowers              

  3. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  1. 梅仕事2023 みなべの南高梅で梅干しをつくる

  2. 【冬・春野菜物語】ネギ A story of winter/spring vegetables: green onions

  3. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣 -Tips from the expert- homemade salted ume plum