おつまみ

【新じゃが】男爵でつくるホクホク肉じゃが 【Nikujaga】Soy based sauce has soaked in potato

調理時間 
30分

男爵の新じゃがで作った肉じゃがです。男爵は煮崩れしやすいと言われていますが、味がしみたホクホクしたじゃがいもには幸せを感じます♪ 柔らかくなりすぎる前に火を止めて、余熱でしっかり味をしみこませましょう。新玉ねぎの甘さが出汁を美味しくしてくれます。材料さえあればすぐできるので、ぜひお試しくださいね。

材料

材料
分量
男爵(新じゃが)
中4~5個(今回は特大1個と中くらいを2個)
豚コマ
200g
玉ねぎ(新玉ねぎ)
1個
いんげん
5本
めんつゆ
180~200CC(希釈した状態)
酒、みりん
適量

作り方

1

じゃがいもは皮つきのまま一口大に切る。生姜はみじん切り、玉ねぎは繊維に逆らって切る。

2

鍋に油と生姜を入れて中火にかけ、生姜の香りが立ったら豚肉を入れる。しっかり肉の脂分が出てくるまで炒める。

3

玉ねぎを入れて、めんつゆ、酒、みりんを入れる。

4

蓋をして弱火で8~10分程度煮る。味を調整して、いんげんを切って入れる。

5

蓋を開けたまま、じゃがいもの固さを確かめながら弱火で煮る。フォークの先が通るくらいになったら火を止めて、味をしみこませる。

ポイント

  • 使用しているのは、無水料理もできるステンレスの鍋です。深めのフライパンやお鍋を使う場合には、煮る時間を2~3分長く調整してください。
  • めんつゆは市販のものでしたら、濃縮タイプは先に水で希釈して味見をしてからお使いください。
    今回は自家製を使用しています。
    自家製めんつゆ(醤油、酒、みりんを1.5:1:1で熱して、沸騰したら(水のかわりに)野菜くずを煮だしたものに、だしパックを入れたものを加えて薄めています)
  • めんつゆを使わない場合には、玉ねぎを入れて炒めた後、醤油、酒、みりんを1.5:1:1(各大さじ1)を入れて、水180CCを加え、顆粒出汁を適量入れてください。
  • 冷める過程で味がしみていきます。
  • お酒のおつまみにしたいので、塩分は控えめにしています。

じゃがいもの栄養や豆知識はこちら 春野菜物-新じゃが-

https://kuwatote-kitchen.com/2022/05/17/%e6%98%a5%e9%87%8e%e8%8f%9c%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%80-%e6%96%b0%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c/

野菜を食べようプロジェクト_Kuwatoteキッチン

 

食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【秋冬野菜物語】サトイモ

  2. 佐渡の名産 秋の果物「おけさ柿」

  3. 【幻の果実】ぽーぽー(pawpaw)って何?【レシピ紹介】

  1. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣 -Tips from the expert- homemade salted ume plum  

  2. 【食べる育毛】髪の成長を助ける春の最旬食材5選とオススメレシピ -Hair growth promote recipes-

  3. 元美容師の毛髪診断士が選んだ農業ライフ。 「ヘアケア×農業 」 の新たな発見とは。-Why did the beautician choose farming life?-