春のレシピ

【春の山菜】フキノトウのカラっと揚げ -Crispy fried Japanese butterbur and wild vegetables in spring

天ぷらを揚げるのが苦手な方も、さっと薄力粉を振って揚げるだけで、カリッと美味しく仕上がります。
油をたくさん吸わないので、カロリーも抑えめに。大人数でたくさんのお野菜等を食べたいときにとても使える調理法です。
春の山菜と共に。旬の味をお楽しみください。

材料

材料
分量
ふきのとう
5~6個
山菜
適量
適量
お好みの塩
薄力粉
適量

作り方

1

フキノトウは、外側のガクの部分や根元に黒ずみがあったら切り落とす。水でよく洗い、ザルに上げて水気を切る。

2

他の野菜もよく洗い水気を切る。

3

ボウル等に入れて、軽く薄力粉を振り(まだ野菜に水がついていても大丈夫)170℃に熱した油にゆっくり入れて手を離す。こうすると油が跳ねない。

4

お箸で野菜を裏返し、油に浮かぶ気泡が小さくなり、跳ねる音が高くなったら出来上がり。
お好みのお塩を振ってお召し上がりください、

ポイント

  • フキノトウは、揚げる前にあく抜きをする必要はありません。(入手したら、なるべく新鮮なうちにお召し上がりください)
  • ガクの部分を開いて、その間に薄力粉をまぶして揚げると、お店のように華やかになります。フキノトウが大きい場合にはこのようにした方が火の通りが早く、サクッと揚がります。
  • 薄力粉は、まんべんなくつけなくてもOKです。(写真は人参の葉っぱのカラっと揚げ)
    人参の葉っぱのカラっと揚げ人参の葉っぱのカラっと揚げ

 

「人参の葉っぱのカラっと揚げ」はこちら

野菜を食べようプロジェクト_Kuwatoteキッチン