ランチ

【美しい目玉焼きの作り方】ガパオライス

調理時間
20分

前回、目玉焼きが崩れてしまったので、失敗しない美しい目玉焼きづくりに挑戦。
今回はうまくできて、見た目のよいガパオライスができました。
お肉は合挽を使用しました。味が染みてとても美味しいです。
次回は、お店のようにお肉屋さんで粗びきにしてもらおうと思います。

材料(4人分)

材料
分量
合挽肉
450g
パプリカまたはピーマン 赤、緑 
4~5個 大きさによって調整してください
玉ねぎ (中~大)
1/2
ホーリーバジルまたはスィートバジル
3~4本
ナンプラー
大さじ2 
オイスターソース
大さじ1.5
砂糖
大さじ1/2 
にんにく
1片
生青唐辛子または鷹の爪
3~5本程度(お好みで調整してください)

作り方

1

フライパンに油とにんにく、唐辛子を入れて中火にかける。

2

熱くなったら、合挽き肉、玉ねぎ、パプリカの順で炒める。パプリカ(ピーマン)は種ごと使います。

3

ナンプラー、オイスターソース、砂糖を混ぜておいたものに、水少々(大さじ1くらい)を入れて加える。

4

肉と野菜に火が通ってきたらホーリーバジルを入れてかき混ぜて火を止める。

5

別のフライパンで目玉焼きをつくる。卵は冷蔵庫から出しておく。卵を小さなザルに入れてゆるい(水溶性の)白身を取り除いてから熱したフライパンにいれる。白身がこんもり固まり、崩れにくいきれいな形の目玉焼きができる。

6

お皿に盛りつけて出来上がり!

ポイント

目玉焼きで使用しなかった水溶性の卵白は、泡立ちがよくお菓子に重用されています。

メレンゲ状にしてオムレツに使ったっり、冷凍保存もできるようですので、ぜひ残さずお使いくださいね。