山菜

【春の味フキノトウ】のしょう油味ペペロンチーノ-“Discover the Delightful Flavors of Spring with Shoyu Flavored Fuki no Tou Peperoncino”

調理時間
20分

最高気温23度 最低気温14度 曇り
東京地方は初夏の陽気で、季節外れの暖かさ。
「何か春らしいものが食べたい」と、先日鈴木農園さんからいただいたフキノトウでパスタを作りました。
和風しょう油味のペペロンチーノ。肉やのベーコン、マッシュルームと玉ねぎも入れて具もたっぷりで腹持ちよし。フキノトウの苦みが鼻から脳に伝わって、新しいい季節の到来を感じました。
スープは、トップバリュの「まろやか仕立てポタージュ」。こちらは便利でコスパよしなので常備しています。

今日のお皿:イッタラ ティーマ ボウル 15cm 赤 イッタラ ティーマ プレート 23cm ホワイト

材料

材料
分量
フキノトウ
2~3個
パスタ
一人当たり110(少し盛)~130g (大盛) 今回使用は1.7mm
ニンニク
1/2~一片
赤唐辛子
1本
野菜
ありものでOK。今回は、玉ねぎ、マッシュルーム
ベーコン
3~4枚 (厚めに切ったもの)
オリーブオイル、塩、黒胡椒、しょう油
適量

作り方

1

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら塩を加えパスタを時間どおり茹でる。沸騰するまでの間に具を切っておく。

2

フライパンにオリーブオイル、切ったニンニク、赤トウガラシを入れて火をつけベーコンを加える。

3

玉ねぎ、マッシュルーム、フキノトウを加える。(あまりかき回さない)

4

パスタとゆで汁を加えてよく混ぜ、乳化させる。

5

しょう油、黒胡椒、必要に応じて塩を加えて味を調整して出来上がり。お好みで粉チーズを振っても美味しい。

ポイント

パスタの量ってどれくらいがいいの?

レストランのパスタの量は、80~100gが一般的と言われています。
ランチ等でパスタのみの場合は多め、メイン料理がある場合には少な目に盛るのが通常のようです。
私はがっつり食べたいときには110g以上使い、具もたっぷり入れています。

お得な豆知識を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. パクチーを種から育ててみた(種まき〜2週間) From Seed to Sprout: My Journey Growing Cilantro (Planting to 2 Weeks)

  2. いつもの食事に取り入れたい【エディブルフラワー】Add a Touch of Elegance to Your Everyday Meals with Edible Flowers              

  3. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  1. 梅仕事2023 みなべの南高梅で梅干しをつくる

  2. 【冬・春野菜物語】ネギ A story of winter/spring vegetables: green onions

  3. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣 -Tips from the expert- homemade salted ume plum