美肌美髪・育毛料理

【抗酸化パワー!】夏野菜たっぷりカレー

調理時間
30分

太陽の光に負けないように彩り豊かに育った野菜たちの抗酸化パワーごとカレーにしていただきます。

材料

材料
分量
なす、ピーマン、パプリカ、ししとう、ゴーヤ、トマト、じゃがいも、玉ねぎ
各適量
にんにく、しょうが、鷹の爪、クミンシード、カレー粉、ガラムマサラ、レッドペッパー
各適量

作り方

1

野菜を食べやすい大きさに切る。(それぞれの大きさが同じくらいになるように)

2

鍋にオイル大さじ1~2程度入れて、クミンシードを入れる。

3

クミンシードに火が通ってぷつぷつしてきたら玉ねぎ、にんにく、しょうがを入れる、弱~中火で玉ねぎがほんのり色づくまで炒める。

4

トマトを入れる。(水煮でも代用可)

5

にんじん、じゃがいも、カレー粉、レッドペッパーを入れてよく炒め合わせる。

6

水を材料がひたひたにかぶるまで入れて中~強火で煮る。

7

最後に、火が通りやすいナス、ピーマン類、ゴーヤを入れて、水気が無くなってきたら最後に塩とガラムマサラを入れて味を調整して出来上がり。

ポイント

疲れている時や、お肌の調子が今一つのときにおすすめ
  • カレー粉は、お好みでメーカーが違う2種類のものを入れると、それぞれ香辛料の配合が異なるため、味と香りに深みが出ておもしろく味わえます。
  • ガラムマサラは香りを立たせるために最後に投入します。
  • 辛さはお好みで調整してください。
  • ターメリックライスのターメリックも、クルクミンという抗酸化成分を含むので、ぜひ一緒にお召し上がりくださいね。

お得な豆知識を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【春野菜物語】ブロッコリー broccoli

  2. 食べる育毛 毛髪診断士おすすめ夏が旬の育毛食材

  3. パクチーを種から育ててみた(種まき〜2週間) From Seed to Sprout: My Journey Growing Cilantro

  4. いつもの食事に取り入れたい【エディブルフラワー】

  5. 【冬野菜物語】シュンギク A story of winter vegetables: garland chrysanthemum

  1. 【春野菜物語】ブロッコリー broccoli

  2. 梅仕事2023 みなべの南高梅で梅干しをつくる

  3. 【冬・春野菜物語】ネギ A story of winter/spring vegetables: green onions

  4. – プロに聞く- 自家製の梅干しづくり成功の秘訣

  5. 【食べる育毛】髪の成長を助ける春の最旬食材5選とオススメレシピ